登録販売者の問題

登録販売者が働く場所はどんなところ?

登録販売者が働く場所はどんなところ? 登録販売者は、2009年に新設された医療系の国家資格です。
従来、一般用医薬品は処方箋がなくても薬局で店頭販売できる代わり、薬剤師の管理・指導のもとで販売することが義務付けられていました。
しかしこの資格が創設されて以降は、第2類及び第3類医薬品については登録販売者がいれば薬剤師が不在でも販売できるようになりました。
登録販売者の資格保有者が働く場所は、したがって薬局・薬店・ドラッグストアがメインとなります。
スーパーマーケットやコンビニエンスストア、ホームセンターなどでも、医薬品売場を設けているところでは活躍できます。
さらに、この資格を持っていれば薬品全般に係る専門知識を有する者として認められるため、医薬品を取り扱う店舗以外の場所からも求人が寄せられることがあります。
エステサロンで健康・美容に関するサプリメントのアドバイザーとして働く、などというのはその一例です。
また、介護施設などで入所者の服薬管理に関わる仕事に従事することもあります。

登録販売者の離職率は高いと言われているが本当?

登録販売者の離職率は高いと言われているが本当? 登録販売者は人材不足で多くの求人が出てますが、勤務先によっては離職率も高いとも言われてます。
これには必ず原因があって高い仕事の条件はきついことや給料が低いなど働くときに重要なことに関して多いようです。
主な仕事は薬の販売ですがその業務はそれほど厳しいとは言えませんが、店員だけでなく営業として働いていることも少なくないです。
配置薬だと自宅に定期的に薬を届けますが、これもノルマなどがあってその場合営業が苦手な人だときついと感じます。
また、接客業になるので人と接するのが得意でないとやはり合ってないと感じるかもしれません。
給料が低いとどこの職場でも働く意欲がなくなりますし、生活をするのが難しいとやはり離職します。
ドラッグストアや薬局など色々な求人先がありますが、どの分野で低いかではなく職場の待遇で違います。
薬剤師だとドラッグストアの給与は低いと感じることも多いですが、登録販売者なら十分にもらえることも多いです。