登録販売者の平均年齢

登録販売者の平均年齢

登録販売者の平均年齢 登録販売者の資格取得の平均年齢は30歳前後で、20代から30代にかけて転職のために取得する方が多いともいえます。
ただ、資格自体は誰でも受験が可能で年齢制限もなく、医師や薬剤師と異なり医療専門機関や大学を卒業してなくても受験は可能です。
独学も出来るので大学に通う時間や予算もない中高年の方でも、資格を取得して新たに挑戦することが出来ます。
ドラッグストアやコンビニの医薬品コーナーでも働けるのは15歳以上ですが、基本的に年齢は関係なく実務経験の年数を問われることが多いです。
登録販売者は国家資格があれば就職では企業が規定しない限りは関係ないと言えますが、勤務先によっては長く働けて品出しやレジ打ちなど力や素早さが必要な作業だと若い人が優遇されることもあります。
キャリアアップを目指すなら医薬品陳列や経営業務にも携わる能力が必要になってくるので、営業から経営についての知識が欠かせません。若い人から中年世代まで求人を募集している就職先もあり、特にバイトやパートなどは年齢を問わないことがほとんどです。

登録販売者は60歳以上でも働くことは可能

登録販売者は60歳以上でも働くことは可能 薬事法が改正されてからは登録販売者の受験資格の条件に年齢や学歴制限がなくなり、試験は10代の若い方から高齢者までと幅広い年代の方が受けてます。
これまでドラッグストアなどで働いたことがなくても、資格取得では問題はなくやる気さえあれば資格取得は可能で60歳以上でも働くことは可能です。
経験も不問となったので資格があれば仕事を始めることも出来ますが、求人先では正社員だと60歳から65歳の定年制度がある会社が多くても、パートだと定年制や経験の有無の制限もあまりなく、登録販売者は人材不足なので働いてもらってから経験を積んでもらうという考えを持っている会社も増えてます。
全国で多種多様な求人先があり、ドラッグストアや大型家電量販店、ホームセンターにスーパーなどで正社員からパート、アルバイトや派遣まで色々です。
体力に自信がなくて短時間だけ働きたい高齢者でも、パートなら見つけやすくこれまでに経験があるならなおさら就職しやすいです。
基本的接客サービスが主なので年齢を重ねても就職できる業種の一つで、収入も期待できます。