登録販売者の問題

登録販売者の不足問題

登録販売者の不足問題 ドラッグストアやコンビニなど多くの職場で登録販売者を募集してますが、人材不足が問題になってます。
今では薬剤師が店にいなくても、第1類医薬品以外なら販売することが可能になっていてそのためそのための店が増加してます。
中には24時間営業など長い時間開いている店もあって、その分登録販売者も必要でさらに資格を取得しても経過措置で2年間は見習い扱いになるためです。
今後も薬を扱う店は増えていくことが予想され、一人前になるまでの期間の2年は企業側でサポート体制が欠かせません。
大体最初に働く職場はドラッグストアが主ですが、正式に認められるには2年かかります。
一人で店をきりもり出来るようになればドラッグストア以外でも働けますし、実際取り扱う職場は増えてます。
コンビニやスーパー、電気量販店など大変多くなっていて、最初はドラッグストアで働いていても良い条件の環境へ移ってしまったりと転職する人が多数いて、せっかく育ててきた人材が一人前になったころには他の会社へ変わってしまうために人材不足で悩んでいます。

パートの研修中に登録販売者の資格を取得できる所のメリット

パートの研修中に登録販売者の資格を取得できる所のメリット 最近の薬事法では、特定の医薬品を販売する際には登録販売者の免許を持っている人でないと販売をすることができないようになっています。
医薬品を取り扱う重要な業務であるためその資格の取得は非常に難しく、様々な条件があると考えている人も多いのですが、実はこの登録販売者の資格は受験に対して制限がなく、誰でも受験をすることができるのです。
そのため最近のドラッグストアなどでは、パートの研修中に登録販売者の資格を取得することができる仕組みのところも増えています。
試験問題もそれほど難しいものではなく、登録販売者として業務を行う上での薬に関する基礎知識や販売をする際に習得しなければいけない内容などを習得することで比較的簡単に資格を取得することができるため、多くの人がその資格を取得するようになっており、店側にも本人にとっても様々なメリットを生み出しているとあって非常に人気となっているのです。
これまでは薬剤師がいなければ販売できないと思われていたものでも、この資格を取得することで販売を行うことができるようになるため、非常に人気の仕事となっています。