スーパーでも重宝される登録販売者

スーパーでも重宝される登録販売者

スーパーでも重宝される登録販売者 第一医薬品を取り扱うことができるのは、専門的な知識を大学で学び国家資格を取得した「薬剤師」となりますが、第二や第三医薬品などの一般医薬品の取り扱いや販売は薬剤師以外にも「登録販売者」が行うことができます。
以前は調剤薬局やドラッグストアでの勤務が一般的でしたが、近年は大手スーパーなどがこぞって一般医薬品の取り扱いを始めるようになり、それに伴いスーパーの一角にあるドラッグストアカテゴリーにも登録販売者の需要が高まるようになりました。
仕事の内容は、ドラッグストアや調剤薬局と同様で、医薬品を陳列や在庫管理をしたり、レジ業務を行うほかにも場合に応じてお客様の薬の選択の相談に応じることとなります。お客様の症状に合わせて薬を選択することになるので、責任のある仕事ではありますのでプレッシャーを感じることも多々あるかもしれませんが、やりがいのある仕事でもあります。また、登録販売者として、正しい知識をお客様に提供できるような努力も必要となるでしょう。

登録販売者は薬局事務の仕事も歓迎される

登録販売者は薬局事務の仕事も歓迎される 登録販売者で薬局事務として働きたいという希望がある方は、求人情報がありますので検討されるといいです。たとえば、ドラッグストアや調剤薬局という現場があります。ドラッグストアでは、病院の処方せんを取り扱って調剤をしているところが増えてきています。この現場では、調剤事務専門の人材が活躍していることが多いですが、登録販売者でいながら調剤の補助をしたり事務作業をする人を求めていることがありますので、希望される方は考えられてはいかがでしょう。
登録販売者は、ドラッグストアや一般用医薬品を置いて販売している店舗で接客する以外にも、求められている人材です。薬局事務として働きたい方や、接客の他にも事務経験を積みたい方などは選択してみるのもいいです。薬剤師の次に必要とされる登録販売者は、ドラッグストアや一般用医薬品の取り扱いがあるスーパーやホームセンターの他にも、調剤を専門に行っている薬局からも求められています。