登録販売者の問題

このサイトではネット販売で需要が増えている登録販売者の求人について様々な情報を紹介しています。
有資格者が現場で不足している問題や就業環境、平均年齢などの知識を事前に学ぶことで理想的な職場を探しやすくなります。
最近ではスーパーでも重宝されているこの資格には将来性があるため人気です。
実際に就職や転職を考えているのであれば、当サイトを読んで予備知識を習得するとよいでしょう。
就職・転職活動をスムーズに行うことができます。

ネット販売の需要増!登録販売者の求人

ネット販売の需要増!登録販売者の求人 登録販売者は2009年に誕生した資格です。
かぜ薬や鎮痛剤などの一般用医薬品を販売することができます。
一般用医薬品の種類は第2類と第3類に限られます。
薬剤師がいない場合でも医薬品の販売ができるため、薬局やドラッグストアなどから注目されており求人が増えています。
最近ではネット販売が盛んに行われておりさらに求人が増えています。
登録販売者が扱える第2類と第3類の医薬品は、一般的な医薬品の9割以上を占めます。
この資格を取得するには年1回実施される試験を受けて合格しなければなりません。
実務経験や受講必須科目、年齢制限などの受験資格はないため誰でも受けることができます。
将来性のある資格なので人気があり、受験者数は毎年増え続けています。

求人はどのくらいある?登録販売者の転職は大変なのか

求人はどのくらいある?登録販売者の転職は大変なのか 最近は、医療品を薬局やドラッグストアだけでなく、スーパーマーケットやコンビニエンスストアなどでも扱えるようになりました。
そのため、登録販売者数の求人数も年々増加の傾向です。
参考までに薬剤師の有効求人倍率は5倍から7倍程度で、求職者一人に対して5件から7件の案件が出されていることとなります。
そのため、登録販売者の転職はさほど大変ではないと言われています。
登録販売者の主な働き先はドラッグストアーというイメージが強いですが、実は製薬会社も転職先の候補に挙げられます。
製薬会社に入職した場合は、自社で扱う薬品について詳細に説明ができるように、医薬品の基礎知識に関する研修がしっかりと行われます。
また、最近は登録販売者の活躍の場も増えていますので、スーパーマーケットやコンビニエンスストアからの募集もあります。
ただし、どこのエリアでも有効求人倍率が高いわけではありません。
倍率が高いのは東京や大阪の首都圏で特に地方などの人口が少ないエリアでは倍率が1を下回ることもあるのです。
販売登録者の試験は毎年1万人以上が合格しています。
そのため販売員の数は年々増加中です。
しかし、この資格の保有者は、他の資格と比べると飽和しにくいと言われています。
それはこの試験が更新制の資格であるからです。

登録販売者に関する参考サイト

登録販売者に詳しいサイト